札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2008年12月31日水曜日

最後の予定カテーテル3件終了です。


昨日は、北見で一例治療させてもらって、本日は3人のカテーテルです。2件のPCI、1件のPPIでした。

今年はこれで、9か月で、PCI725例、今月のPCI106例でした。

来年も2日からカテーテルです。

エコーも9か月で6350件を2台の機械と、二人の検査技師でがんばってやってもらいました。

みんなもっともっと、研修して、さらなるスキルアップして、患者さんのために還元できるように来年も頑張ってもらいます。

ドクターだけでは、SCVCの目標とする医療はできません。やはり、コメディカル、事務、看護が一つの輪になって、やっていく必要があります。そのための投資は惜しみません。仲間への投資は、研修、資格どり含めて、どんどんやっていきます。最終的には、それが、患者さんへ、SCVCへ、そして最後に僕に幸せがかえってきます。

今年1年間ありがとうございました。

2008年12月30日火曜日

朝一番で、北見にきました。

昨日は、カテーテルは12時くらいに終了しました。PCIが10件、PPIが1件、CAG2件でした。透析の患者さんが多く、昨日は、4人いたために、本日の朝5時半から、ムンテラをしたのですが、その時には、最後の透析の患者さんの透析をしていました。
MEさんは、朝からびっちりカテーテルの補助をして、終了後に、透析で朝まで、厳密にいうと24時間ではないですが、21時間勤務ですね。
大きなため息呼吸をしながら、がんばって仕事をしてくれることにありがとうといいたいです。

僕もなりますが、睡眠不足や、緊張を持続して休むことなく仕事をすると、疲れがでてきます。そのときには、頭が酸欠になるのでしょうか?必ず、大きなため息のような呼吸をするようになります。
開業当時は僕はよくそのような状態になりましたが、いまは、菅野先生が一緒に働いてくれるおかげで、かなり楽になり、溜息呼吸はしていません。
MEは、宮本含めて4人、あきらかに足りません。一月から一人採用します。もう一人ほしいですが、宮本とも言ってますが、SCVCでやりたいと自分で言ってくれるような人間でなければ、採用する気はないといっています。

MEさんで、やる気のある人いないかな?  SCVC宮本まで連絡ください。

北見で今日は治療です。

狭心症の患者さんがいるので、朝いちばんで北見にいきます。休みにも関わらず、治療をさせてもらえる北見北星脳神経外科病院さんに感謝です。

患者さんが第一と言葉でいうのは、やさしいです。でも、実践はすごく難しいです。自己犠牲を伴います。
でも、そこに僕はこだわってやっていきます。365日全力投球ですね。

ありがたいことに、カテーテル件数などは、前病院でやっていたときよりも、症例が増えています。でも、以前のように、偉くなりすぎて、患者さんとの距離が開いてしまわないように、気をつけています。必ず、患者さんには自分で説明をするようにして納得してもうようにしています。

患者さんとの距離が開かないように、手を抜かず、一生けん命にやるだけです。そして、そのような地味な努力が結果として、でてくれれば、嬉しいですね。

2008年12月29日月曜日

本日最終日

開業が、4月からで、9か月間で、PCI 723件、PPI 109, カテーテルアブレーション38例(Af 27例)
カテーテル死亡、大きな合併症はなしです。当院からバイパス症例は、3例のみでした。カテーテルでどうしてもバルーンでふくらませなかった方が一例手術になっています。それ以外2例の方は、バイパスを希望しましたので、紹介して治療していただきました。
当院には、他の病院でのカテーテル治療が困難もしくは、バイパスを勧められた方が、なんとかカテーテル治療で治療してほしいという希望の方が多く、その希望にそって一生懸命治療させてもらいました。
安全に9か月をすごせたことに、感謝しています。さらに技術を磨き、安全にカテーテル治療ができるように、努力していきます。

今月は、PCIも104例です。記録でした。
31日に2人のカテーテルが予定されていますが、予想以上の患者さんに感謝しています。
来年はカテーテル装置も2台目を入れる予定でいます。バイプレーンをいれます。

来年は、さらなる飛躍ができるように、もっともっと努力をします。為せば成るです。

2008年12月27日土曜日

為せば成る

為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり

これは、第九代米沢藩主、上杉鷹山の歌です。
きわめてきびしい藩の財政を、質素倹約で、立て直した有名な人です。

この格言は、、意志をもって、動かなければ、何事も成らない。おもいどうりにいかないのは、結局自分がそうしようと為していないからだという意味です。

受け身はだめですね。がんがんいきましょう。

帰属意識

医療人として、病院に働いているときに、自分のホームはどこなんだろうと考えると、医者以外は、全員そこの医療施設に就職していますから、そこがホームなわけですよね。
でも、医者は多くが、医局からの派遣に頼っていますので、ホームはそこの医療施設ではないわけです。そのような感覚では、命がけの仕事はできないと思います。する必要もないのです。医療において、医者が車にたとえるとエンジンであり、みなをひっぱて行く必要があります。でも、現実には、帰属意識の薄い医者が多ければ、エンジンの性能は劣化するのみです。
でも、現実には、医局に頼らなければ、医者の派遣もままならない現実もあります。
たくさんの医者をかかえる大きな病院の一番の悩みはそこですよね。
小さい規模であれば、なんとかリクルート可能でしょうけどね。

僕は、医者になってから医局に属することなく、働いてきました。働いていた病院が僕にとって帰属すべき
場所でした。だから、死に物狂いになれました。しかし、大きくなっていくとプチ医局みたいな感じがあり、一人が死に物狂いにならなくても、なんとかなるみたいな、組織病がでてきました。いまのSCVCは、あきらかに僕のホームそのものです。命がけで守らなくてはいけません。だから、死に物狂いで仕事が楽しくできます。
そして、それを理解する仲間と、命がけで仕事をしていきます。

2008年12月26日金曜日

今日は大雪

朝札幌は大雪で、交通がマヒしていました。遅れて、汽車で、北見にいきました。なんとかついて、外来とカテーテルを終了しました。SCVCは、院長と部長が頑張って、緊急患者さんを4人くらいさばいていました。いろんな病院から紹介されました。ありがたいことです。明日も、北見から3人の患者さんがSCVCでの治療を希望していきます。
年末という感じがしません。
そして明日は、朝からアブレーションが8例あります。鵜野先生および職員にがんばってもらいます。

ありがたいです。

2008年12月24日水曜日

医療講演


今日は、検査山下技師の講演です。とってもわかりやすい講演です。地味にやっていきましょう。

メリークリスマス


昼ごはんです。患者さんもよろこんでました。
ドリア、チキン、ポトフ、ケーキ、みかんなどなど。。。。

2008年12月23日火曜日

祝日。

昨日も、カテーテルは緊急も多く15件くらいおこないましたが、12時前には終了しています。あきらかにカテーテル終了が早くなっています。気がつくと、今月PCIの治療が88件になっています。10月の99件を超えるかもしれません。
安全にカテーテル治療で根治させる。そのためには、手を抜かずに一生懸命やっていくだけです。
今日は休みだから、楽ですね。また、明日、明後日とカテーテルの入院が16人以上はいっています。

2008年12月21日日曜日

SCVC忘年会




7時より、ロイトンでおこないました。食事もおいしく、来年にむけて、またがんばっていきたいと思います。
食事は、一人ずつのフルコースでした。さすがに量がおおくて、びっくりでした。フォアグラ、トリフ、キャビアと注文のやきそばがしっかりはいっていました。デザートも、5種類くらいはいっていて、よかったです。
来年は、仕事も忘年会も、ボーナスも、みんなでがんばって、飛躍させます。

職員がしっかりよろこんでくれたこと。がんばれば、報われるとういうことを少しでも実感してもらったらありがたいです。

とにかく、みんなに感謝です。

2008年12月20日土曜日

週刊朝日のランキング

がでていましたね。去年僕がいたころの数字で、札幌東徳は、900ちょっとで、ランキング10位でした。今年も、がんばってくれることを期待しています。
今回のランキングをみて、感じたことは、20位以内のランキングに、19床のカテーテルクリニックが頑張ってのっていました。
高瀬クリニック、所沢ハートセンター、北部循環器、松山ハートセンターすべて、当院と同規模の19床のカテーテルクリニックです。すべて、その地域でナンバーワンだった先生が、一念発起で独立開業した病院です。そのようなクリニックが順調にがんばっているのをみると、僕もがんばろうと思います。
カテーテル治療は、かなり極められてきたので、限りなく安全に、快適にやれる熟練したドクターのいる専門的な施設でやる傾向にあるのは間違いないと思います。総合病院の役割との差別がはかられてきているのでしょうか?

SCVCも本日でPCI698例、来年のランキングには、少しくらい顔をだせそうです。
でも、雑誌にのることは、目的ではありません。結果でのってくれたらうらしいのです。

SCVCも、いままでの最高の技術と経験と設備を駆使して、地域に貢献していきます。そして、重要なことは、SCVCの患者さんが増えたとしても、患者さんとのコミュニュケーションを第一に考えて、一緒に一生責任を持って治療にかかわっていきます。

PS 最近よく患者さんから言われるのが、最近の先生はパソコンばっかりむいていて、こっちの顔をみてくれないし、話も聞いてくれないと、悲しんでいる人が多いですね。なるほど、そのようなことがおきていることも、理解できました。IT化の弊害ですね。たしかに、電子カルテになって、僕は字をかかなくてよくなったので、すごく助かっています。そして、ブラインドタッチができるので、高速で打ちながら、患者さんの顔をみて、お話しながら、入力もできます。(中学の時には、英文タイプライターを無理いって買ってもらったことが、いまとなっては役にたっています。親に感謝です。)

2008年12月19日金曜日

今日は、外回り営業です。

午前中は、連携病院の道都病院の外来をお手伝いにいき、午後は、クリニックで治療をしてから、挨拶回りして、夜に北見に治療にはいります。
明日は、SCVCの忘年会です。

4月から、開業して、9か月たちますが、その間に職員の歓迎会が一回院内でできたのみで、あとは忙しかったおかげで、職員への慰労の会をすることができませんでした。今年の職員への慰労の会をかねて意味のある忘年会を開催します。藤田が主催で、今回はホテルで、思い出に残る忘年会をちゃんとやりたいと思います。食事も最高のものを一人づつにだします。プレゼントもあります。そして、感謝の気持ちをこめて、職員にご祝儀も渡す予定でいます。総予算は通常の忘年会の800人相当の予算を予定しています。大変な開業年を、しっかりがんばってくれた職員への慰労の意味で、奮発しました。
最近、不景気で、いろいろとニュースがありますが、やはり一人ではなにもできません。職員が同じ方向をむいてくれているおかげで、なんとかSCVCはやっていけていると思います。職員を大切にしていきたいと思います。

2008年12月18日木曜日

年末ですね。

昨日は、東区第4班の忘年会があるためと、年末のとびこみ挨拶回りをさせていただきました。午後は、20件の挨拶まわりを、事務長と一緒に回ってきました。開業時に挨拶をしたことや、その後の患者さんの連絡などで、距離が近くなったのか、アポなしでも、顔をみて、挨拶ができました。
そして、7時からは、班会議と、忘年会です。院長と一緒に出席して、初めてお会いする先生とも、名刺交換をさせていただきました。
やはり、4月から開業して、地域の先生のニーズにあった循環器医療を目指すためには、とにかく顔を合わせることから始まり、感謝の気持ちで接することが重要だと思っています。
いろんな話のなかに、いろんなヒントが混じっていて、参考になります。
ということで、昨日はカテーテルがなんと、2件しかなく、PCIもありませんでした。

今日も、昼休みを利用して、年末の挨拶回りをしたいと思っています。トップが動くことが重要なんですね。

2008年12月15日月曜日

今日は、カテーテルはすみやかに終了

緊急含めて、PCIが9人。末梢血管治療が一人でした。検査のみが一人、などで、結局12人でしたが、終了いたしました。
スムーズにカテーテル室はいくようになりました。あとは、それによる歪を解消しないといけません。
そろそろ、看護婦さんを増やすことも考えたいと思います。

今週は、忘年会が多いです。お世話になっている先生を含めて、挨拶をしたいと思っています。

先週の土曜日に北見の忘年会にでました。

今年は、黒字になったそうです。よかったです。北見の北星脳神経外科は、我々の拠点の一つですので、一緒にがんばっていきたいと思います。
でも、いつも感じるのは、決して順調じゃない経営状態に対する職員の危機感が、一生懸命に仕事をさせるのでしょうね。
SCVCも、完全な個人商店です。危機感をもってやっていかないといけません。そして、10年、20年先のための体制づくりもしていく必要があります。
決してつぶれない(いまの社会ではそれはありえませんが)と思って、仕事をしていると、一生けん命になれなくなることがあります。少しぐらいの手抜きでも、大丈夫と思ってしまうんですね。

いまの個人商店の規模が、やはりいつまでも危機感をもってやっていけるし、刺激になるので、いいと思っています。
大企業病は、みてて、具合がわるくなりますからね。
昨日は、日曜日にもかかわらず、予定PCI2件、緊急1件とさせてもらいました。


ありがたいです。

2008年12月12日金曜日

カテーテル業務の改善

昨日は、緊急カテーテル含めて17件。PCIが10件、PPIが2件でしたが、12時前に終了しました。
2階のカテーテル室の横につくった5床のリカバリールームが、うまく機能しています。
カテーテル待機ルームと、止血部屋になっています。
業務の改善のおかげで、きわめてカテーテルはスムーズにおわるようになりました。
あとは、19ベットなのに、それだけのカテーテル数と、入院も12人はいっていますので、看護婦さんの業務がこれから整理していかないといけないでしょう。
カテーテル業務がスムーズにいった分、どこかに問題が起きています。
人が足りなければ、増やすことも、考えています。
理念でもある、患者さんのためにを考えて、みんなやりがいをもって仕事をしてくれたらありがたいです。
業務に忙殺され、患者さんにやさしくできなくなるような状況を以前の職場では、幾度もみてきています。働く看護婦さんも、苦しんでいました。そのような思いはしたくないので、環境改善も、ぼくの仕事の一つです。

なにより、2週間弱で、PCIを59件も、トラブルなくこなしてくれて、職員に感謝です。
あとは、いま起きている問題点を、前向きに解決していきます。よりよい医療ができるようにしていきます。

2008年12月11日木曜日

昨日は、講演会をしてきました。


そのために、午後から、治療をはじめたので、カテーテルはめずらしく早くおわったと思います。
講演会のあと、ひさしぶりに札幌での外食です。おいしかったです。
昨日は、医局のベットをリニューアルしました。シモンズのベットになりました。これで、すこしは快適になれるでしょう。僕のベットもシモンズで、やはりいいベットはつかれが取れます。
昨日の講演会の仕事のために、治療を少なくしていたので、そのしわ寄せが間違いなく、本日に来ます。
がんばりましょう。

それと、昨日は道新に掲載されました。64列cTAの啓蒙です。

2008年12月9日火曜日

本日も、さくさくと。。

カテーテルが11件ありましたが、PCIは4件でしたが、最後のPCIの患者さんは、10年まえからのCTOで他病院で治療できなかった症例です。やはり一筋縄では、いかず、結局ivusガイドで通過させることができました。
患者さんおよび奥さんが大変よろこんで、握手を求められました。ちょっと恥ずかしい感じですが、SCVCの技術で、患者さんが幸せになってこれれば、うれしい限りです。

今日は、早く寝れそうです。

改善。

最近、カテーテル検査が多いのですが、患者さんの出し入れの時間がかかりすぎることを、問題提起したところ、本日より、リカバリーでのカテーテル待機をつくることになり、朝から15件うち3件の緊急で、合計10件のPCIをしましたが、一時には終了したので、その効果は確実にでています。
問題提起して、改善、実行。ありがたいですね。

本日は、モービル出動が3件あり、本日で今月PCIが40件になりました。ご紹介ありがとうございます。

2008年12月6日土曜日

まだ、まだ、啓蒙が必要ですね。

昨日、北見でカテーテル治療をしましたが、北見で外来をやっていると、痛感することが、虚血性心疾患の患者さんの管理ですが、症状が出ない限りは、なにもしないというか?写真と心電図ぐらいしかしない状況で、患者さんが満足していることです。
結局、僕のとこにくるときは、かなり悪くなっている状況です。治療も大変ですし、運がわるければ、命も失います。そのような患者さんが、たくさんまだまだいます。
そのような人を一人でもすくなくするために、努力が必要です。


早期発見といわれていますが、その重要性を医療関係者も意識しないといけないのかもしれません
簡単にいえば、冠動脈CTAをもって、広げていければいいなと思います。
北見でも、CTAができますので、どんどんがんばっていきたいです。
そして、CTAの問題である被ばくを少なくするように、CTAもよくしていきます。

CTAを広げていきたいですね。

2008年12月5日金曜日

道都病院

いつも、連携をしていただいている病院です。僕が大変なときに、手を差し伸べてくれた大切な病院です。
やっと念願かなって、冠動脈CTAがSCVC同様のクオリティーで画像がだせるようになりました。もともと、フィリップス社製の40列CTAがはいっていたのですが、解析ソフトがだめで、まったくつかいにくかったのですが、ソフトをアップグレードしてもらって、そしてうちのレントゲン技師と交流してもらって、おなじような解析をしてもらえるようになりました。
本日、はじめて画像をみましたが、完璧でした。これで、道都病院さんでも、たくさんの動脈硬化疾患を早期発見して、いい医療を還元できるようになります。

検査技師も同様に交流してもらって、SCVCと同じようなエコー(バスキュララボ)ができるように切磋琢磨してもらっています。

僕の理想は、連携病院で、SCVC以外でも、SCVCにいるように検査ができるようになることが、目標です。いちいち、検査のためにSCVCに来てもらうのは、申し訳ないです。
患者さんのために、がんばっていきましょう。

2008年12月4日木曜日

月曜から水曜日まで、ありがたい。

緊急の患者さんや、胸痛の患者さんなどがたくさん、頼ってきてくれました。この3日間でPCIを25件も施行しました。これって、また記録なのかもしれません。
みんなで、楽しく仕事ができています。うれしいかぎりです。
よく、先生倒れませんねと言われますが、心が折れない限りは絶対大丈夫です。
もともと、心が折れたことがありませんし、今年の一月に経験さしてもらった出来事のおかげで、最強の心を手にいれさせてもらいました。
また、木曜日です。

2008年12月3日水曜日

本日のカテーテル終了。

14件、CTO3件。PMが2件でした。途中で、ドクターがつかれて、寝かせてあげました。一人で、カテーテルしていました。
仕事があるありがたさをわかっているので、忙しいことでは、文句はありません。ただ、ありがたいのみです。感謝です。

2008年12月2日火曜日

またまた、記録が

本日、カテーテルが18件で、うちPCIが12件、PPIが2件です。そのうちに緊急のAMIが2件と他に緊急の患者さんが2名もこられました。モービル2件と、通常の救急車が2件です。
予定では、20件でしたが、CTOのむずかしいひとが、あったのですが、さすがにこの時間を過ぎてからは、成功率がさがりそうなので、明日というか、今日の午後に治療します。

一日の記録を塗り替えてしまいました。

感謝、感謝です。

手を抜かずがんばりましょう。