札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2011年7月30日土曜日

杭打ち 最終段階

60本くらいの杭打ちを22mまでいれて、補強をしています。最終段階です。

釧路⇛網走⇛北見

昨日は、今後月に一回外来およびカテーテルをするために、釧路の三慈会病院へ、その後に車で網走のこが病院に移動して、2例PCI。北見に泊まって、現在北見で外来およびPCIの手伝いです。
SCVCは、鹿島と鵜野先生がしっかりとやってもらっています。昨日は、温泉とホテルの止まったので、すっかり気分はリフレッシュでした。

2011年7月29日金曜日

新築工事定例会議

第一回目が開催されました。工期の確認など、毎週粛々とすすめていきます。建物は、11月末には、立ち上がりそうです。

2011年7月27日水曜日

加藤先生のCTO

本日4例です。1例は、レトロで、分岐部病変をしっかり治療するために、LADCTOをレトロで治療をしています。
3例は、GAIAでのトライです。思い描いた通過の仕方をして、勉強になりました。

一番は最後のカンファレンスで、新しいWIREに対する質問で、過去のGWの歴史からとWIREの欠点と限界の説明からいまのWIREをつくって理由がしっかりと聞けました。

ハイドロフィリックのWIREの良さと、その安易な通過性の良さが、本来のCTOのワイヤリングに必要なものを簡略化することを危惧していました。
王道は、コイルWIREによる意図的なWIRE通過を理想とするということです。

最後にXTRおよびガイアでのCTO時のWIREの0.5-1mm曲げのデモをしてもらいました。WIREは先端がコイルリボンが平版になっているので、もしく二本入っているので、曲がりやすい方向があるので、そちらを探して、曲げること。コイルWIREであれば、WIREのコイルが開かないように注意をすることなど、基本的なことをしっかりと教えてもらいまいした。

やはりWIRE曲げは意外と皆しらないことだと再認識をしました。また、皆勉強しましょう。

写真はデモ中の加藤先生です。

2011年7月26日火曜日

本日も、5本くらい杭打ちしていました。

作業が無駄がなく、みとれてしまいます。

明日は加藤先生のCTOで、しっかりと勉強をしたいと思っています。4例CTOです。

2011年7月25日月曜日

20mの杭打ち

ドリルでほって、そこに20mの棒をいれて、杭打ちをしています。作業に無駄がなく、流れるような作業です。

匠の技ですね。

どんな仕事も、熟練の業は、美しいです。

昨日は、時間があり、モエレ沼公園までSCVCからジョグ

14kmでしたが、ゆっくりのペースで景色を楽しみながら、走りました。SCVCの周りは自然が一杯で癒す環境には、最高ですね。綺麗な空気と緑を楽しみながら、いい検査、いい治療をしていきたいとおもいます。

2時間表にいたせいか、日に焼けてしまい。遊んでいたようにみられそうで、なんとなくいやかな?

これから、職員も夏休みをとってもらいます。ドクターは、一週間の休みをとってもらい、リフレッシュをしっかりしてもらって、仕事をさらに充実させてもらいたいと思います。

2011年7月24日日曜日

かなりの基礎工事です。

日曜日ですが、基礎工事のものがのこっています。建物たてるのって、大変だなと思います。

人もたくさんくるし、これはお金かかってあたりまえですね。

2011年7月23日土曜日

基礎工事開始

工事の現場がしっかりみれるので、珍しいです。基礎工事の杭打ちですが、ものすごく長く打ち込むんですね。家とはちがいますね。

音が心配です。

2011年7月20日水曜日

2011年7月18日月曜日

充実した3連休

大切な人たちと、会食をしました。SCVCの将来を担うべく人たちとのです。お互いの距離感を縮めて、来年にしっかりと飛躍をしたいと思います。

神様に感謝です。

2011年7月15日金曜日

下肢静脈瘤 ストッキングコンダクター

当院の看護師さん3人が資格をとってくれました。これで、6人が資格をもったことになります。

病院で研修にだして、病院で資格をどんどんとらせてあげたいと思います。

結局それが、患者さんのためになります。

ストッキングコンダクターというのは、下肢静脈瘤の治療のストッキング治療のストッキングの選択や、静脈瘤についての指導をする資格です。看護師全員にとらせたいと思っています。

そして、心臓リハビリの資格も皆にとらせたいと思います。

2011年7月14日木曜日

工事

駐車場が閉鎖されて、車庫などが撤去されています。ものすごいスピードで工事がすすみます。
外来で、患者さんに駐車で迷惑をかけないようにしないといけないと思います。

監査があり、それによりクレーム処理を検討することにしました。目安ばこも作ります。

以前、どこかでやった顧客満足委員会の再現です。

2011年7月12日火曜日

地鎮祭終了。


神様にお祈り終了。

SCVCの始まり

2007/5/30に現在のSCVCの地鎮祭。


ここから、すべてが始まりました。期待と不安で一杯であった記憶があります。

オリジナルメンバーは、看護部長を除いて、健在です。

当時は、いまみたくなるとは、想像せず、まして、増築なんてという感じです。

2011年7月9日土曜日

新しい駐車場

現在は、SCVCの横の部分がメインの駐車場ですが、そこに新棟がたつので、その後ろにさらに駐車場をかりましたが、工事期間などを含めて、あきらかに駐車場がなかったので、新たに借りることができました。

もともとは、SCVCの反対側に20台、六花亭の手前に60台、がありましたが、職員をメインにつかっていました。

あらたに、SCVCのいままでの20台の横にさらに20台のスペースと、六花亭の向かい側に三角形の空き地もあり、そこに60台を借りることができました。

駐車場が必要になったときに、このように必要な駐車場が借りることにびっくりしていますが、それも、地主さん、JAのみなさん、やまいちなどのSCVCを作るときに、協力をしてもらった人々の協力のおかげです。

感謝です。これで、患者さんも、駐車場に困りません。

重機が搬入

いままでは、16丁目のメイン道路からしか、SCVCにははいれませんでしたが、後ろ側の土地を最大に借りてなんとか、うしろにも、道路とつながることができました。そのおかげで、後ろから増築が可能になります。
重機がはいり、整備をして、7月12日の地鎮祭に向けての準備をしています。

2011年7月8日金曜日

昨日は、整形外科の学術の会で

PADの話をさせてもらいました。

下肢のしびれ、痛みの患者さんのPADの発見のしかたを説明をしてきました。

バスキュララボの有効性を強調してきました。ひさしぶりにスーツをきたので、肩がこりました。
本日は、網走で治療、明日に北見の外来、その後、東京です。
SCVCは、鹿島がしっかりと鵜野先生と一緒にがんばってくれています。

2011年7月6日水曜日

患者さんのニーズ

カテーテルアブレーションの治療をうけられた方から、お叱りをうけました。一度も藤田先生にあっていないと。

その方は話を聞くと、SCVCの評判と僕の評判を聞いて、アブレーションをしてくれると信じて、受診しています。ただし、不整脈外来に回され、鵜野先生の診察をうけて、アブレーションをうけています。

藤田先生の治療を希望していたとお叱りをうけました。

不整脈の多くの患者さんは、鵜野先生の治療を希望してきますが、30%くらいの患者さんは、SCVCを頼ってきます。その方には、ちゃんとした説明が必要だと痛感しました。

SCVCに受診をするかたが、たまたまとうりかかったかたなのか?熱狂的な藤田信者なのか?紹介されてきたのか?

その理由により様々です。

やはり、そのニーズをしっかりと当方で把握して、満足度をあげるように努力、改善をしていきます。

2011年7月5日火曜日

7/12

7/12日に増築の地鎮祭を午前中に行います。外来診療を一時とめて、やらしてもらいます。
ここまでに至るまでに、いろんな方々からいろんな意見をいただきました。
銀行からの融資もきまり、また、おおきな借金を背負い、あらたなる夢と希望にむかっていきます。

そして、これから働くだろう仲間達のみなさんが、一生懸命やってくれることに感謝です。

僕は、口約束が大好きです。一番は、紙の約束ではなく、心と心の約束です。

昨日ものすごくうれしい報告を聞きました。

感謝です。

2011年7月2日土曜日

東京での若手の会

参加してきました。やはり、若い先生のやる気のある会はいいですね。発表件アドバイザーでも参加しました。
若い先生のためになる会であれば、どんどん参加したいと思います。

次世代がどんどんがんばってくれると、患者さんも幸せだと思います。

昨日は、帯広で医療講演

昨日は、ひさしびりに帯広にいきました。講演会で発表をしてきました。懐かしい高校時代の親友の丸崎にあえました。帯広、音更で開業をして、順調にいってるそうです。
講演会のあとは、北見まで車で移動して、いまから外来と、カテーテル治療です。
本日は、東京での若手の会に呼ばれているので、いま、当院でやっていること、若手に伝えたいことをしっかりと発表をしてきたいと思います。当院の若手の先生方含めて、次世代につなげていくことを最近はとくに意識をしています。
SCVCも、来年から大きくなり、次世代にしっかりと継承しながら、自分がやりたい患者さんとの距離の短い一般開業医の先生方のような患者さんとの関係を維持していきたいと思います。

2011年7月1日金曜日

手稲の札幌心臓血管内科リハビリ病院

宮本事務長を中心に、新たにいれる64列CTAおよび心カテーテル室の宣伝を再度させてもらっています。開業医の先生の挨拶回りは、精神的に疲れます。無碍にあつかわれることも多いです。

でも、やらなければ、関係はひろまってきません。

営業をやりつづけるのみです。病院の中だけで、まっていても、立ち上がりに時間がかかります。

手稲が単独で経営できるように、いろんなことを考えて半年たって具体的に動けるようになって、本当によかったです。