札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年7月31日木曜日

MTRA for DX in AP

大きなDXの入口部病変の患者さんで、IVUSでは石灰化がLADの反対側にあります。ロタにて、ワイヤーバイアスにて、そちらにバーが入ることにより、1.75burrで削り、その後3.5POBA1ATMで終了しています。2.0burrを予定していましたが、予想以上に削れたために、1.75で終了としています。

当然回転数は、120000です。

2014年7月29日火曜日

BS11 財部誠一の経済深々

本日取材を受けました。経済のテレビですが、開業してから、いままでの成長をお話しました。やはり、しっかり勉強してくれているので、話がとてもしやすく、あっというまの時間でした。さすがでした。財部さんを紹介してくれて、杉江先生のスーバー姉上に感謝です。

色々な話ができて、勉強になりました。
人生において、大切なことは、変化であり、それが試練であっても、すべて受け入れ一生懸命やることによりなんらかの道が開けます。そして、そのなかで、人の縁の大切さや、感謝の大切さがわかってくるのです。

感謝。感謝。

2014年7月28日月曜日

成長するために。

人の意見はすべて、聞いて、自分で考える。悪ければ、反省する。これだけ。

しかし、偉くなったりすると、分からないことを分からないと言えなくなる人がいるみたいです。そして、人の意見も聞かなくなり、自分の考えでしか思考できなくなり、一人よがりになってしまいます。
また、反省できないひと、これも成長できません。悪ければそれを治せばいいだけです。

どこかで、本物の人間は、気を張っていない。自然体にいます。ところが、本物の人でない人は、自分を本物に見せようとするので、本物らしく振る舞うそうです。それが、偽物の特徴だそうです。

人の意見を聞き、常に反省できるようになり、自然体でいることが、成長につながります。

2014年7月24日木曜日

CVIT2014

水曜日から、CVITに参加するために、暑い名古屋にきました。
僕の発表もありますが、菅野、金子、鹿島の発表とME,看護部の発表もあります。
コメディの勢いがありますね。

個人的には、織田信長がこんな暑いところにいたんだと思うと、嬉しくなってしまいます。

2014年7月16日水曜日

幸せ

先生の幸せってなんですか?と聞かれました。

僕の幸せは、生きていることです。そしてそれに伴って起きるいろんな事(嬉しいことや、悲しいこと)や、様々な試練を味わうことです。そしてそれらに対して、感謝できることです。刺激がない状態というのは、大変楽かもしれませんが、とてもつまらないとおもいます。また、すべての物、人に感謝ができないのも、不幸だとおもいます。
当然ながら、人によって幸せの尺度は当然ちがってきます。それはどのような刺激をいままでの人生でうけたかによるのでしょう。
結論としては、自分の人生が終わるときに、悔いのないようにできたかどうか?が最終ジャッジメントになるのかもしれません。いつ死んでも後悔がないような状況に常に自分をもっていくように、修業することがポイントですね。
お金や名誉だけでは、幸せにはなれません。心が幸せを感じるように、日々感謝を自然とできるようになれば、とてつもなく、幸せだとおもいます。そしてそれが生きるということなんだとおもいます。

2014年7月12日土曜日

ATA閉塞部分が不明のCLIへのクロッサー

閉塞部分が不明のATAの閉塞に対して、クロッサー単独で、抜けるところを簡単に抜けて、足首までは簡単にクロッサーがいったが、やはりsubであり、そこからクロッサーがすすむとこまですすめて、9/40の袈裟斬りで通過させて、バルーンで終了。

ブラインドでも、安全に使えるかもしれません。


動画は、クロッサーがATAにはいることろです。



Crosser for an unknown ATA occlusion CLI

For an unknown ATA occlusion, we choose Crosser alone to pass where it can be easily.  However, Crosser made easily  sub intimal and did not get true lumen at al.  Finally I cut sharply falselumen  as 9/40 Japanese SAMURAI sword to get true lumen.  It is finished by balloon.  

As the animation shown below, it is about when Crosser being in ATA.


2014年7月9日水曜日

クロスボス、スティングレー

欧米で、CTOのアルゴリズムで、必ずantegrade dissection reentryという項目があります。そのなかで、欧米ではcrossbossとstingreyが使われます。
欧米のライブで成功をみたことなかったので、眉唾ものとおもっていましたが、今日イギリスからHill先生がこられて、その詳細を教えてもらいました。

ポイントは crossboss単独でまわしてantegrade dissectionを作ることそうすることにより、最小の穴のdissectionスペースですむために、末梢までcrossbossをもっていっても、末梢の病変が乖離が進行して見えなくなることがない。そのような状態で、stingreyをもっていくことが、reentryを成功させるポイントだそうです。
このことが重要で、彼はそれをcontrolled dissectionを称しています。
ナックルワイヤーやSTARテクニックによるdissectionは、乖離が大きく、さきに広がる可能性があるので、アンコントローラブルとのこと。
アンテからワイヤーで乖離を大きくしてから、stingreyを持ち出しては、遅すぎるということです。末梢のSFAのCTOの我々のクロッサーの使用の仕方とまったく概念は同じです。とにかく乖離を小さく末梢まですばやくすすめていくということが大切なのです。

コントロールダイゼクションがキーワードです。とても、ロジカルでした。

早くつかってみたいです。
CrossBoss and Stingray

Algorithm of the CTO categories includes Antegrade dissection reentry in Europe and America, and CrossBoss and Stingray are mainly used.  I was little skeptical about that because it seemed there was no succeeded case at any European and American live cases, but Dr. Hill, from Kings College Hospital, UK, came and taught us the specific details today.

The point is spinning CrossBoss alone to make Antegrade dissection, and it makes smallest hall for space of dissection then CrossBoss is possible to put peripheral lesion through.  In such case, dissection of the peripheral lesion progresses would not be blockade.  Stingray is used for such circumstance to make high success rate of reentry.  Dr. Hill names it as Controlled Dissection.

Because of wide dissection by knuckle wire and the STAR technique, there is possibility it may spread on ahead, than it became uncontrollable. It is too late to have Stingray when wide dissection between Antegrade and wire had been made.  The concept of usage of Crosser for CTO of peripheral SFA at SCVC is exactly the same.  The most importantly, pushing catheter forward peripheral speedily with making small dissection is essential.

Control dissection is the key.  What Dr. Hill taught us was very logical.

I am looking forward to using CrossBoss and Stingray in the near future

2014年7月7日月曜日

SFA cTO クロッサー、袈裟斬り

SFAのCTOにクロッサーで、SFAのCTOの末梢までhigh speedで進め、一枚皮が違う状況で、コンクエスト9/40を曲げて、袈裟斬りをこころみました。SFAのCTOより末梢の部分で袈裟斬りでtrueに抜けています。クロッサーいれてから、袈裟斬りまで5分で終了です。

ポイントは、SFAのcTOをスピーディーに末梢までクロッサーで安全に進めることができます。
その後の小さな穴からコンクエストによる袈裟斬りでtrue抜きをしています。



SFA CTO Penetration- Japanese SAMURAI sword cut with Buddhist stole

Approaching to the SFA CTO with  Crosser using high speed pushing, and Crosser is easy to crate small intimal lumen . S0 we  turn Conquest 9/40 to cut sharply intimal as Japanese SAMURAI sword.  It penetrates into true lumen .  It takes about five minutes from putting Crosser through to cut sharply as Japanese SAMURAI sword.
Crosser will provide to save time anyway.

このブログを本にまとめました。

2007年から、去年までのブログをまとめてみました。僕の思い、考えがのっています。自分で定期的に読み直しています。
患者さんのために、病院においておきます。
Blook, printed book containing content which first appeared on a blog, published

Blook titled as Life as Heart Doctor published which compiled from my blog from 2007 to last year.  My ideas, thoughts and enthusiasm are covered though the blook.  I myself read it over again regularly for references.  This book is available for patients at our bookshelf at the waiting lounge.

2014年7月4日金曜日

噂話し。

自分で噂をすればよくわかりますが、そんなに真剣に聞いていないし、そーなんだ。ぐらいにしか思っていません。でも、悪いうわさをされた本人は、とても気にします。
悪いうわさをされたときの対処方法。
事実無根であればあるほど、とても悔しい思いになるとおもいます。
でも、弁明したり、怒っても、噂を消えません。間違えば、もっと悪くなることがあります。
以前も書きましたが、外的な要因はコントロールが不能なので、自分をコントロールするのが一番はやいのです。自分の気持ちが落ち着くために、周りにどうにかしてもらうという考えは一番いけません。

外的な要因を変える努力は、無駄になることが多いです。

自分のなかで消化して、いけばいいのです。噂は必ず消えます。そして、正しいことをしていれば、神様が見ていてくれます。時間とともに、理解してもらえます。

僕も、以前から色々なことを噂され、実際いろんな嫌なこともされたことがありました。それに対しては、一切の反論などすることなく、スルーをしてきました。自分でその気持を昇華させて、自分のスキルアップにつなげました。
色々言われても、時間がたった現時点では、札幌ハートセンターという素晴らしい施設や、素晴らしい仲間がそろってくれたことが、噂は噂であった証拠となっているとおもいます。
人は、いろんな欠点があります。それを見てしまうと色々気になります。相手の長所を診てあげて、それを伸ばすようにしてあげるのが、一番いいと思っています。

Rumor: A wonder lasts but nine days

You might figure out the fact the listener neither does not listen carefully nor take it seriously when you spread a rumor, however, the person who becomes subject of rumor get hurts severely. 

Here is the tip when you overhear bad rumor about you: internalize it.  The rumor goes out eventually.  Just do the right thing and God is watching over you.  Let the people have little longer time to have an accurate perception of you.

The further from the truth, a completely-unfounded rumor may make you feel sad and frustrated.  Defending yourself or outrage doesn’t help quash the rumors but even gets things worse.  As I mentioned before, it is much easier to control yourself than control others because external factor is uncontrollable. Do not expect others to help you feel peaceful, but you find yourself calm.  It is waste of your time to try to change others or ask too much for.  I had been hurt by vicious abuse and aggravated harassment in so many ways, and I had not objected at all but just let them had.  Tried to consider these unpleasant experiences as my stepping-stone to success.  It could be evidence of a rumor as for just a rumor that splendid institution called the Sapporo Heart Center and its excellent staff gathered now.

Nobody is perfect.  The best way to maintain a respectful relationship is to find the bright side of him/her and highlight his/her strength, not weakness.

2014年7月3日木曜日

ルピナス

病院のちかくに、百合が原公園があり、これから百合がどんどん咲いてきます。4月からは、チューリップなど様々な花が場所を変えて咲きまくっていますが、いま一つ名前がわからない花がありましたが、最近、ルピナスという花であることが判明しました。

いまの季節では、百合が原公園の真ん中に、ラベンダーとバラの組み合わせが綺麗ですが、公園内の線路沿いにそって、色とりどりのルピナスが綺麗に咲いています。本当にいろんな色があります。

ランニングするときの、楽しみの一つです。
Lupine : scientific name Lupinus

There is Yurigahara Park, one of the largest parks in Sapporo, near our hospital and all lilies came into bloom from now on.  Various flowers including tulips were in full glory from April, and I found the name of long time unidentified flower called as Lupine.
 All lavenders and roses came into season and beautifully blooming at the middle of Yurigahara Park.  
Along the tram named “lily train” running through the park, various colored of lupine blooms so gorgeously.
 Appreciate these flowers and find something new is one of my favorite parts when I run.

病院のお金。

病院から出すお金だと思うと、ついつい、不必要な出費が増えます。
自分の財布から出す気持ちで、使ってほしいと思っています。
よくある話で、不正な経費の使い込みでよく、新聞沙汰になっている方を見ます。どうしてこうも、同じようなことが起きるのかとおもいますが、自分の目の前に、お金があれば、ついつい使ってしまうのでしょうね。
当院では、いろんな学会に参加は無条件にOKをだしています。そして参加費、交通費、すべて病院で持ちます。
しかし、いくらの出費をしたかは、すべて僕がチェックをしています。そして記録に残しています。そしてそれば、本人、病院にとって、利益につながっているかをみています。

お金は、札幌ハートセンターを発展させるために、使っていきます。
ただし、絶対に必要なものか、どうか?それをしっかりと吟味しながら、お金を使っていかなければいけません。あれば、便利ぐらいの気持ちで、考えていたら、いくらお金があってもたりません。

そのときに、自分のお金だと思っても、必要だと思うか否かの感覚が大切なのです。具体的には、自分の給料を少なくしてもいいから、必要と思うかです。。。


Expense on our hospital

Considering expenditure as the free money hospital pays leads to more unnecessary spending.  I would like my staff to consider the money from hospital is the same as own money.  The embezzlement of a dirty expense receives a high degree of media coverage these days.  Sometimes it makes me wonder why similar financial scandal happens so often, but suppose the money in front of oneself misleads.

At our hospital, all request of medical conference participant is approved unconditionally.  Expenses including conference fee, transportation, and miscellaneous are paid by our hospital.  These are checked by me in detail and leave it for a record.  I confirm thoroughly whether if it leads to benefit to him/her and also our hospital itself.

We aim to benefit the Sapporo Heart Center when we spend expenses.  However, cost-consciousness is required to make sure the necessity for the expenses.  We cannot waste any money only for easy convenience.  The decent sense whether or not that it is necessary is the most important.  To be more precise, imaging if he/she is willing to pay on him/her pocket is the tip to figure out whether if the expense is really legitimate or not, maybe.