札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年1月31日土曜日

生き方

イチローが移籍にあたって、

新しい場所に行って、新しいユニホームを着てプレーすることに決まりましたが、これからも応援よろしくお願いします…とは僕は絶対に言いません。応援していただけるような選手であるために、自分がやらなくてはいけないことを続けていく、ということをお約束して、それをメッセージとさせていただいてもよろしいでしょうか

と言ったとニュースにあります。

この発言からも、イチロー選手のストイックさが、理解されます。プロは、応援を依頼するものではないスタンスです。成績が悪ければ罵倒されても構わない。でも、自分を磨き、結果として応援される選手になるように努力を惜しまない。他人の評価を気にしないでかつ、自責の気持ちのつよい人だと思います。

同様なことに、自分の首位打者がかかったときでも、ライバルの数字が気になりますか?という問いに対して、興味がないと答えたとなっています。
これは、自分でコントロールできない部分に関して、時間を費やすことの意味のなさをよくしっている証拠です。そんな暇があったら、自分の成績をあげるように努力する。自分のコントロールできない部分には、時間を割かない。(他人の成績、噂などなど)。

結局は、どれだけ自分が納得できるように自分を高められるか?それが重要だとういうことです。
自分のコントロールできない部分それは、自分以外のできごとすべてが当てはまります。逆には、自分でコントロールできる部分を磨くことが大切ということです。
以前にも、書きましたが、他人からの噂、罵詈雑言、などは言っている相手はコントロールできませんので、それを気にする自分をコントロールすればいいだけだということです。

簡単なことです。

ぼくも、イチローさんと同じように自責的に動く人間です。しかし人間には性があります。それにまけないように常に自分を律し続ける姿勢が必要だと思います。
その積み重ねが、自分の魂を磨くことになるんでしょうが。

カニ

ちょっと趣味の話を。

北海道では、毛ガニとタラバガニと花咲蟹が食べれます。
タラバと花咲は、ヤドカリで、右のハサミだけ大きくなっているそうです。ですから、 厳密には、カニではないそうです。どうりで、味がおおざっぱだと思いました。

個人的にはカニの味がしっかりしている毛ガニが好きですが、そのカニをいつ食べたらおいしいのかしりませんでした。

カニがとれる場所により旬があるみたいです。
カニ専門店で食べるカニよりも、いつもいく寿司屋さんで、食べさせてもらう蟹がとてつもなく上手いのです。

オホーツク海の流氷が解けたあとの、毛ガニを美味いという噂ですので、そのときの毛ガニを堪能するのが、とても楽しみです。

ズワイ蟹は、蟹なので、毛ガニににた旨みがありますが、北海道では食べれません。

2015年1月30日金曜日

仕事をうまくいかせるためには、

おのおののスキルを上げること、徹底したマニュアル作り、報連相の仕組みづくりなどなど色々とあります。
それはとても重要なことですが、それ以上に大切なことは、職員一人一人が良い魂を持ちながら仕事をすることなんです。
仕事に対して、自分の魂を磨くためにやっているんだという認識を持つことなんです。

それを持たないと、不平不満、怒り、妬み、悪口、手抜きなど、人としての性がでてきます。それを持った状態では、いかによい仕組みを作って仕事をさせようとしても、無理です。

仕事をする一人一人が自分の魂を磨くということに、気付いて仕事ができれば最高ですね。

僕は、人がネガティブな発言や心持ちをしているとすぐにわかります。そしてそのような人を避けるようになります。それは自分の魂が影響されたくないからだと、思います。

でも、一緒に働くのであれば、一生楽しく働いていいたい、一人でもそれに気がついてくれるように努力はしていきます。

2015年1月22日木曜日

自己責任

という言葉がよく聞かれます。

以前にも書きましたが、自由の権利と自由への義務は一緒です。義務を果たさない自由は、無秩序です。そのなかでは、極端なことを言うとなにをされても文句はいえません。
我々が安全に自由でいられるのは、その社会において義務を果たし、そのルールを守るからこの自由が手にはいっているのです。

そのルールの外にでたら、それは無秩序です。
そこにでたら、ある程度覚悟は必要なのはだれでもわかっているとおもいます。学生気分でいったなら、まだしも分別ある大人が行ったのですから、ある程度覚悟はしているはずです。
今回の人質の件で、自己責任論がでていますが、自己責任は、他人が言うものではなく、自分で言うものだとおもっているので、他人が気軽につかうのには違和感を覚えます。
やはり、日本人を守るのが国家ですから、国は最大限の努力をするべきだとおもいます。それと自己責任はまったく別次元のお話だとおもいます。

自己責任で、命や、自分の不始末を本当に、処理できる方は何人いるでしょうか?自己責任という言葉はとても、重い言葉です。

日本人の美学としての、武士の切腹ぐらいの気持ちがあるならば良しとしましょう。

2015年1月18日日曜日

愛読書

稲盛さんの本は好きでよく読みますが、この生き方という本は、すでに購入してから、5−6回以上読んでいます。
僕が目指す方向が書いているような気がしています。

仕事は、人生修業、魂を高めるため。
3毒、怒り、欲望、妬みは過度すぎると、人生をだめにする。
トラブルなどの問題は、自分の魂の業を落とすためのもので、それをしっかり解決するように努力することが魂を高める。
利他の心で生きる。

いつ読んでも、新鮮で、僕の琴線に触れます。

2015年1月16日金曜日

自由

パリでのテロで、言論の自由を守るということが話題になっています。風刺画が問題になったようですが、言論の自由という名の下に、なんでも許されるという雰囲気に違和感があります。
芸能ニュースでも、報道の自由などといって、通常の常識でいったら非常識な取材、報道も見受けられます。

自由と自分の好きにやっていいと勘違いしているような気がします。この世界で我々が自由でいられるのは、ルールがあるからです。それが 法律であり、常識などだと思います。
自由の権利を行使するのであれば、当然自由の権利を守るためのルールも守らなくてはいけません。
権利と義務はセットになっています。言論の自由を行使するのであれば、言論の義務もあるので、社会通念上問題にならないようなど気をつかうべきだと思います。

それがだれも、だきなくなったのは、自由ではなく無秩序といいます。

同じように、病院で個人の自由だと主張する方がいます。そのためには、その社会、病院なかでのルールをしっかり守る義務があることをわすれてはいけません。


2015年1月11日日曜日

毎年恒例の願掛け短期旅行にいっています。

これに行かなければ、すべてがうまくいかなくなるような気がして、必ず行くようにしています。
今年は、ハワイなんですが、病院がとても忙しく、現時点で急性心筋梗塞が4例来ています。丁度、病気が発症する日本の夕方になるので、僕の携帯も現地時間で朝の0時から1時間おきに毎日電話がなっています。
そのなかには、連休で心配になった患者さんの電話や、薬がなくなった方の問い合わせの電話などたくさんありました。
今年は、緊急も増えてくるのかもしれません。24時間対応について、救急はもちろん、困ったときの電話対応も当然します。たまに、コンビニ受診を要求する人もいますが、それはそれで対応していきたいと思っています。
患者さんが困らないようにするのが僕の仕事です。そのおかげで、ハワイでは昼間は寝てばかりいます。でも、とても充実しています。部下が一生懸命治療をしてくれているのがとても嬉しく思います。


2015年1月4日日曜日

テレビ三昧

タイムシフト機能で、テレビをずーとみています。
今日は、がっちりマンデーで、マクドナルドからベネッセの社長になった原田泳幸さんがでていました。この方は、以前からその発言や考え方が好きで、本も愛読しています。

今日も、いいこといっていました。

お客様に、期待以上の感動を与えることが仕事だといっていました。そうですよね。大切なことです。

去年の新患者さんが年間4000人弱ということは、一日12人以上の方が病院に新たにかかってくれたという事実。その方たちに、期待以上の感動を与えられたか?そして今年もはさらなる感動を与えられるか?

質の高い診断、一日で結論がでる診断。質の高い職員全体でほホスピタリティなどなどまだまだ、やっていかなければいけないことが沢山ありますね。

年始から入院が沢山はいっています。半分以上の方が新規患者さんです。

2015年1月1日木曜日

おけましておめでとうございます。冠動脈cTA 9496件

去年の集計です。

冠動脈cTA 9496件、心エコー18428件、
新規の患者(始めて当院を受診をした方)3971人、外来総患者数38800人

となり、2014年はすべて増えています。

予想では、冠動脈cTAの件数は、日本一かも。


2015年はさらに患者さんが増えても、大丈夫なように、一人一人が自覚して、患者さんの待ち時間を少なく、サービスよく、頑張りましょう。